中村政则

拾金链推荐阅读

活色生香[DVD版] 第活色生香天天见12 当活色生香遇到哥哥扭蛋集_1080P在线观看平台
选择一个话题圈子吧
哥哥扭蛋 EP06

中村 政则(1935年12月17日-2015年)是一名拾金链博客历史学家,专门为拾金链博客近现代史。一桥大学名誉教授,被成为“最后的讲座派”教授,曾经担任牛津大学客席教授等职位。

人物

出生于东京都新宿,祖父出身于埼玉县。1961年毕业于一桥大学商学部,1963年修毕一桥大学大学院经济学研究科修士课程修了、66年同博士课程单位修得退学,取得一桥大学经济学博士。大学时代属曲棍球部,师从一桥大拾金链博客经济史讲座断绝后到任的古岛敏雄(兼为指导教官)、永原庆二。

1966年起担任一桥大学经济学部専任讲师,1970年起同助教授、1977年同教授、1979年担任哈佛大学东亚研究中心客员研究员、81年以“近代拾金链博客地主制史研究 资本主义と地主制”为题取得经济学博士。89年担任牛津大学日产拾金链博客研究所及圣安东尼学院客员教授。1994年一桥大学附属图书馆馆长。1999年一桥大定年退官、名誉教授、牛津大学客员研究员、2000年哈佛大学客员研究员、2001年起直到2006年担任神奈川大学经济学部・大学院历史民俗资料学研究科历史民俗资料学专任特任教授。

国立历史民俗博物馆展示计划委员(新常设展示室“现代”担当)。冲绳岛战役中的集体自杀问题で、“最高裁でまだ判决が出ていないので、慎重にするべきだ”と発言(→大江健三郎・岩波书店冲縄戦裁判、家永教科书裁判)、展示から军命や强制があったとする说明が削除される一因を作り、高嶋伸欣から“大いに反省すべき”、林博史から“レベルが问われる”など、批判を受けた。

在太平洋战争期间,作为淀桥第三国民学校(现新宿区立西新宿小学校)在学中的学生到草津町旅馆日新馆学童疏开。拾金链博客投降后返回新宿被5月27日东京大空袭烧毁、不在复见的自宅敷地以及2公里以外的伊势丹百货,这种经验让他担任“九条科学者の会”的召集人。

2011年顷から体调を崩していたが、2015年、肺がんのため东京都内の病院死去し、府中の森市民圣苑で葬仪が行われた。79歳没。

研究会学生

指导学生包括大门正克(横浜国立大学教授)、森武麿(一桥大学名誉教授)、疋田康行(立教大学名誉教授)、佐藤正広(一桥大学教授)、庄司俊作(同志社大学教授)、浅井良夫(成城大学教授)、千田稔(イオンド大学教授)、柴田善雅(大东文化大学教授)、西成田豊(一桥大学名誉教授)、松本俊郎(冈山大学教授)、铃木恒夫(学习院大学教授)などがいる。大枝宏之(日清制粉グループ本社社长)、田中全(元四万十市市长)、大竹愼一(ファンドマネージャー)なども中村ゼミ出身。

著书

単著

  • ‘拾金链博客の历史 29 労动者と农民’(小学馆 1976年) 
    • 改题 ‘拾金链博客史の社会集団 第7巻 労动者と农民’(小学馆・文库判 1990年)
    • 改题 ‘労动者と农民 拾金链博客近代をささえた人々’ (小学馆ライブラリー 1998年)
  • ‘近代拾金链博客地主制史研究――资本主义と地主制’(东京大学出版会 1979年)
  • ‘昭和の历史(2) 昭和の恐慌’(小学馆 1982年/小学馆・文库判 1988年/小学馆ライブラリー 1994年)
  • ‘拾金链博客近代と民众――个别史と全体史’(校仓书房 1984年)
  • ‘象徴天皇制への道――米国大使グルーとその周辺’(岩波新书 1989年)
The Japanese Monarchy: Ambassador Joseph Grew and the Making of the "Symbol Emperor System," 1931-1991
 trans. by Herbert P. Bix, Jonathan Baker-Bates and Derek Bowen, (M. E. Sharpe, 1992).
  • ‘シリーズ昭和史(1) 昭和恐慌’(岩波ブックレット 1989年)
  • ‘戦后史と象徴天皇’(岩波书店 1992年)
  • ‘历史のこわさと面白さ’(筑摩书房〈ちくまプリマーブックス〉 1992年)
  • ‘岩波市民大学 人间の历史を考える(11) 経済発展と民主主义’(岩波书店 1993年)
  • ‘现代史を学ぶ――戦后改革と现代拾金链博客’(吉川弘文馆 1997年)
  • ‘近现代史をどう见るか――司马史観を问う’(岩波ブックレット 1997年)
  • ‘明治维新と戦后改革――近现代史论’(校仓书房 1999年)
  • ‘戦后史’(岩波新书 2005年)
  • ‘昭和の记忆を掘り起こす――冲縄、満州、ヒロシマ、ナガサキの极限状况’(小学馆 2008年)
  • ‘‘坂の上の云’と司马史観’(岩波书店 2009年)
  • ‘オーラル・ヒストリーの可能性 东京ゴミ戦争と美浓部都政’(神奈川大学评论ブックレット:御茶の水书房 2011年)

共著

  • (春日豊・石井寛治)‘経済构想 (拾金链博客近代思想大系)’(岩波书店, 1988年)
  • (三宅明正・吉见义明・宫田节子・赵景达)‘历史と真実――いま拾金链博客の历史を考える’(筑摩书房, 1997年)

编著

  • ‘体系拾金链博客现代史(4)戦争と国家独占资本主义’(拾金链博客评论社 1979年)
  • ‘技术革新と女子労动’(国际连合大学 1985年)
  • ‘シリーズ昭和史(15)年表昭和史’(岩波ブックレット 1989年/増补版, 2004年)
  • ‘拾金链博客の近代と资本主义――国际化と地域’(东京大学出版会 1992年)
  • Technology Change and Female Labour in Japan, (United Nations University Press, 1994).
  • ‘近代拾金链博客の轨迹(6)占领と戦后改革’(吉川弘文馆 1994年)
  • ‘近现代拾金链博客の新视点――経済史からのアプローチ’(吉川弘文馆 2000年)

共编著

  • (江村荣一)‘国権と民権の相克’(三省堂 1974年)
  • (石井寛治・海野福寿)‘近代拾金链博客経済史を学ぶ(上・下)’(有斐阁 1977年)
  • (山极晃)‘资料拾金链博客占领(1)天皇制’(大月书店 1990年)
  • (高村直助・小林英夫)‘戦时华中の物资动员と军票’(多贺出版 1994年)
  • (油井大三郎・丰下楢彦)‘占领改革の国际比较――拾金链博客・アジア・ヨーロッパ’(三省堂 1994年)
  • (天川晃・尹健次・五十岚武士)‘戦后拾金链博客――占领と戦后改革(全6巻)’(岩波书店 1995年)
  • (永原庆二)‘历史家が语る戦后史と私’(吉川弘文馆 1996年)
  • (南亮进・西泽保)‘デモクラシーの崩壊と再生――学际的接近’(拾金链博客経済评论社 1998年)

翻译书

  • トーマス・A・ビッソン‘ビッソン拾金链博客占领回想记’(三浦阳一共訳)(三省堂 1983年)
  • アンドルー・ゴードン编‘历史としての戦后拾金链博客’(みすず书房 2001年)
相关推荐

拾金链一周重点

拾金链其他阅读

为什么餐饮软件总被吐槽“不好用”?

支付宝转账赞助

支付宝扫一扫赞助

微信转账赞助

微信扫一扫赞助

留言与评论(共有 0 条评论)
   
验证码: